消費者金融

アコムの申込みをする前に!審査基準や融資スピードなど、メリット・デメリットをまとめました

458view
2016.5.26 公開 | 2017.4.19 更新

今では多くのローン会社が利用している自動無人契約機ですが、、一番始めに導入したのはアコムだそうです。
2008年12月には株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の連結子会社となり、MUFGグループの消費者金融事業とカードローンにおける信用保証事業の中核企業となりました。
実質金利4.7%~という数字は、業界内でも安い水準ですが、最初から低い金利で借り入れすることはできず、利用実績に応じて下がっていきます。
それでもアコムは売上2000億円、消費者金融業界1位です。なぜこれほどまで、ユーザーに選ばれるのでしょうか? その秘密を詳しく分析していきます。

acom171001

アコムの特徴まとめ

アコムの特徴まとめ

使ってみるとわかりますが、申込みまでスムーズで周囲にばれない配慮など、利用者にとって非常に気遣いされたカードローンになっています。

  1. 金利は3.0~18.0%
  2. 借入限度額は最高800万円
  3. インターネットでの申し込みは24時間
  4. 借入審査回答は最短で30分
  5. 最速で即日の融資が可能
  6. パート、アルバイトも安定収入があれば申込可能
  7. 保証人不要

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
パート・アルバイト 安定した収入と返済能力があれば可能
月々の返済 定率リボルビング形式
保証人の有無 不要
在籍確認 あり

アコムのメリット

「むじんくん」の営業時間が22時まで延長に!

アコムの無人契約機「むじんくん」の話をしておきます。
詳しいガイダンスを受けながら選びたい人は、やはり「むじんくん」がおすすめです。わからないことを解決しながら申し込みができるのは、とても安心でしょう。
2015年8月31日までは9時〜21時までの営業でした。これだと、会社帰りに寄って申し込みを……というのが、難しい人もいたことでしょう。ちょっと残業してしまえばまずアウトな時間帯ですから。
しかし、そういった会社勤めの人のニーズを反映してか、「むじんくん」の営業時間は8時〜22時になりました。
開始時間が1時間早くなり、終了時間が1時間遅くなるという、合計2時間=120分延長されたのです。
これなら、会社が始まる前や、仕事が終わってから「むじんくん」に立ち寄る、ということも可能です。
よほどの大残業でなければ、十分に立ち寄って申し込みをする余裕がある時間帯です。
「本当はきちんと説明を受けながら申し込みしたいんだけど、どうすればいいんだろう」とお悩みだった人も、これで選択肢が広がりましたね。

その日のうちに振込み! カード発行も最短5分

「カードローンに求めるのは、やはり即日融資」という人に、アコムはおすすめです。次の方法をとれば、申し込んだその日のうちにカードを受け取り、借り入れを行うのが可能になります。

1)インターネットであらかじめ申し込み手続きを済ませておく。
2)本人確認書類を用意して、近くの店舗・「むじんくん」に出向く。
3)オペレーターの指示に従い、所定の操作を行う。
4)審査・契約の完了後、その場でカードを受け取る。

つまり、事前の手続き次第では、審査完了後5分程度でカードが受け取れるのです。なお、カードを受け取れば、すぐにATMを利用した借入れが可能となります。
また、会員サービスにログインすれば、振り込みによる借り入れも利用できます。もちろん、電話での借り入れにも対応しているので、都合のいい方法を選びましょう。

初めての方は30日間金利0円

初めてアコムを利用する人にとっては、うれしい特典でしょう。
つまり、契約日の翌日から30日間は金利がかからないということです。金利0円の期間に返済すれば、元金だけの返済で済みます。
次の条件を満たした場合、この特典が受けられます。
・アコムで初めて契約する。
・返済期日を35日ごとに設定している。

逆に、どちらか一方だけではサービスは受けられないので注意してください。
どうしても金利0円の特典を受けたい場合は、申し込みの際に、今一度確認するようにしましょう。
また、金利0円の適用期間についても注意が必要です。
「契約日の翌日」から30日間が金利0円の適用期間となります。「借入日の翌日」ではないので注意しましょう。
「一体いつまで金利0円なのか」という情報は、しっかり確認するようにしてください。

スピード審査

「とりあえず、自分は借り入れが可能なのかを早く知りたい!」という人には、こんな方法をおすすめします。
それは、公式ホームページの「3秒診断」を用いることです。
「年齢」「性別・独身既婚」「他社のお借入状況について」という3つの情報を専用フォームに入力します。
すると、借り入れが可能かどうかを約3秒で判断して、結果を出してくれます。
もちろん、こちらの3秒診断で芳しくない結果が出ても、実際に申し込みをした場合に通る可能性がないわけではありません。
逆に、3秒診断でいい結果が出ても、実際に申し込んだ場合に残念な結果に終わる場合もあります。
あくまで、判断の一助とする、というスタンスでいきましょう。

アコムのデメリット

専業主婦は借り入れできない

総量規制、という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
これは「年収の3分の1を超える金額は貸せない」という貸金業法の規定です。
もちろん、アコムのカードローンもこの貸金業法の規制のもとに運用されている商品です。
そのため、専業主婦=自分の年収が0円の主婦は借り入れをすることができません。
貸付を行うと、総量規制の規定に触れてしまいます。
そのため、配偶者貸付を実施していません。もちろん、配偶者の同意があってもダメです。
アコムの利用を諦めて、貸金業法の規制を受けない銀行カードローンを、配偶者の同意をもらって申し込むという選択をした方がいいでしょう。

おまとめ・借り換えには向かない

いわゆる「おまとめ・借り換え」に向いているローンの条件を考えてみました。
やはり、金利が低い水準でないと、おまとめ・借り換えには向いていません。
手続きの面倒さを考えれば、よほどの低金利でないと手続きを行うモチベーションは起きないはずです。
そういう意味では、アコムの金利の高さはおまとめ・借り換えには不利でしょう。
世の中にはいろいろな消費者金融、銀行が提供するカードローンがあります。
その中には、アコムより低金利で提供されているサービスがたくさんあるのです。
つまり、他のカードローンを使っている人が、アコムで借りる理由はないでしょう。

審査~融資までの流れ

事前に用意しておくもの

次の書類が必要になります。
申し込みの段階になって慌てることのないように、しっかり準備しておきましょう。
FireShot Screen Capture #127 - 'キャッシングのアコム|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアコム' - www_acom_co_jp_def1_index_html_p1=afxf000&p3=bd52133d212541b55cf3&sid=bd5213
運転免許証(または健康保険証など)をご用意ください。
50万円を超える契約を行う場合は収入証明書が必要です。

審査基準は以下の通りです。「パート、アルバイトのお客さまもOK」となっています。「一定の収入があれば」とあいまいですが、少額でも収入があれば審査を申し込ん見たほうが良いでしょう。
FireShot Screen Capture #128 - 'はじめてのお客さま│【公式サイト】キャッシングなら消費者金融のアコム' - www_acom_co_jp_p_first_index_html_sid=bd52133d212541b55cf3&p1=afxf000&p3=bd52133

お申し込み

次の4つの方法があります。
・インターネット(パソコン、スマートフォン、従来型の携帯電話)
・電話
・窓口「むじんくん」
・郵送

それぞれの方法ごとのステップを解説します。
<インターネット>

1)公式ホームページ上の「今すぐお申し込み」ボタンから、申し込み手続きを行う。
2)アコムからメールまたは電話で連絡が来る。
3)本人確認書類をアップロード、iPhone専用アプリ、FAXなどの手段で提出する。
4)審査が正式に完了し、「契約手続きのお願い」メールから契約内容を確認・同意して契約が完了する。

<電話>
1)フリーコールに電話する。その場で簡易審査が行われる。
2)最寄りの店頭窓口「むじんくん」に行き契約すれば、その場でカードの発行が行われ、利用が可能となる。

<窓口・むじんくん>
1)本人確認書類を用意し、最寄りの店頭窓口「むじんくん」に行く。
2)担当者の指示に従い、所定の手続きを行う。
3)審査が完了すれば、カードの交付が行われ、利用が可能となる。

<郵送>
1)フリーコールに電話し、書類の送付を申し込む。
2)書類に記入して返送する。
3)審査結果が電話で返答される。
4)自宅に契約書類とカードが郵送されるので、カード受領の手続きを行う。

審査回答

即日回答がほとんどです。
早い場合、数時間程度で回答があります。
しかし、申し込みの条件、審査の状況によっては翌営業日以降にずれこむ場合もあります。
どうしても即日回答を! と思う場合は、店頭窓口なら平日9:30から、「むじんくん」なら8:00から受け付けが始まるので、その時間を狙って動くといいかもしれません。

融資

これも即日融資が受けられることがほとんどです。
インターネットや電話での申し込みを行い、最後に「むじんくん」などに出向きカードを受け取れば、その日のうちに融資が受けられます。
ただし、郵送などの手段を使った場合、早くても翌日以降にならないとカードが受け取れません。
つまり、融資が受けられるようになるのもそれだけ遅くなるので、注意しましょう。

スペック詳細

アコムのカードローンのスペックについて、さらに詳しく見てみましょう。

金利

年3.0%~18.0%となっています。
最初から低い金利で借り入れができるのはまれです。
通常は高い金利を提示され、利用実績に応じて下がっていくパターンが一般的です。

限度額

最高800万円までとなっています。
こちらも金利と同じで、最初から高い限度額を提示してもらえるわけではありません。
限度額を上げてもらいたいなら、利用実績を積み重ねたうえで、限度額の引き上げを交渉するのがいいでしょう。

申込方法・審査時間

もう一度まとめてみましょう。まず、申し込み方法には、次の4つがあります。
・インターネット
・電話
・店頭窓口・「むじんくん」
・郵送
審査回答時間は、次のようになっています。
・インターネット:9時~21時(メール、もしくは電話での連絡確認)
・店頭窓口:9時30分~18時(土・日・祝日休業)
・むじんくん:8時~22時(年末年始を除いて無休)
即日融資を受けたい場合は、これらの時間帯も考えて動いたほうがいいかもしれません。

借入方法

次の2種類があります。
1)振り込みによる借り入れ
インターネット、スマートフォン、従来型の携帯電話、電話の4つの方法で申し込めます。
24時間いつでも対応可能です。
また、楽天銀行に口座を持っている場合は、24時間体制で最短1分での借り入れができます。

2)カードまたは来店による借り入れ
全国の店頭窓口、アコムのATM、提携ATM(三菱東京UFJ銀行、セブン銀行)から借り入れができます。
ATMについては、原則24時間年中無休です。

返済方法・返済方式

まず、返済方法は次の3種類があります。
1)インターネット
事前にインターネット返済の手続きを行うことで、インターネットからの返済が可能となります。
三菱東京UFJ銀行等、対応している銀行のインターネットバンキングサービスの申し込みを行っておきましょう。
2)提携ATM
三菱東京UFJ銀行、セブン銀行などのATMから返済が行えます。
3)店頭窓口・ATM
店頭窓口では、担当者と相談しながら返済ができます。
また、店舗併設のATMは24時間利用可能です。

仮に1万円を30日間借りると147円の利息がつきます。
lp_nov11_contents_c_h3_01
FireShot Screen Capture #076 - 'キャッシングのアコム|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアコム' - www_acom_co_jp_def1_index_html_p1=prsg188&p3=75c586ad5e598637abed&sid=75c586

店舗数

いわゆる有人店舗は39店舗です。
この数字が多いのか少ないのかは判断できかねますが、すべての都道府県にあるわけではないということはおわかりいただけるかと思います。
しかし、ATMの利用等で全面的に提携している三菱東京UFJ銀行は、全国に幅広く支店を持っています。
また、セブン銀行のATMとも提携しているので、対応するATMがなくて困る、というのも考えにくいでしょう。
幸い、アコムはコールセンターがあり、店舗に行かなくても申し込みができるので、カードローンを使うのは十分に可能です。
店舗数にとらわれず、サービスで選ぶのも賢い選択でしょう。

Q&A

ここまで読んできましたが、結局、アコムが向いている人ってどんな人なの?

まず「急いでいる人」です。
アコムは申し込みから、実際に融資を受けるまでの手続きのスピードが速いことに定評があります。
大抵の場合、即日融資を受けることが可能です。
もう一つは「はじめてカードローンを利用する人」です。アコムには、初回利用者のかたには30日間金利0円サービスがあるので、アコムを初めて利用する方におすすめです。30日以内に完済できれば、支払う利息は0円です。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加