コラム

プロミスで即日融資を受ける方法を紹介!申し込みから融資までの時間は?

243view
2016.8.24 公開 | 2016.11.15 更新

プロミスでは、申込から最短30分で審査の回答を受けることができ、方法によっては即日で融資を受けることができます。

この記事では、プロミスで即日融資を受ける4つの方法と、それぞれの方法で申込から融資までにどれだけ時間がかかるか解説します。

xta_19882836_M

プロミスで即日融資を受ける4つの方法

プロミスで即日融資を受ける方法は、以下の4つがあります。

  1. Webから申込を行い、口座振込を利用する方法
  2. 自動契約機で申込・カード発行を行い、ATMを利用する方法
  3. Webから申込、自動契約機からカード発行を行い、ATMを利用する方法
  4. Webから申込、自動契約機からカード発行を行い、口座振込を利用する方法

 

それぞれの方法について以下で詳しく解説していきます。

即日融資の方法①Webから申込を行い、口座振込を利用する方法

プロミスの公式ホームページからWeb申込の手続きを行い、そのまま自身の口座へ必要な金額を振り込む方法です。この方法の最大のメリットは、プロミスの窓口や自動契約機へ行くことなく、パソコンでの手続きのみで融資が受けられる点にあります。

あなたが三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、24時間いつでも最短10秒で口座へ振り込まれる「瞬フリ」を利用できます。瞬フリでは手数料はかかりませんし、深夜でも、土・日・祝日でも、関係なくほぼ瞬間的に融資を受けることができます。

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていない場合、平日の14時50分までに振込み手続きを行うことで、即日融資を受けることができます。

一方で、平日の14時50分以降や、土・日・祝日に振込み手続きを行った場合、翌営業日の9時30分頃の振り込みとなります。

申込から融資までの時間は?

審査時間は最短30分、融資までの時間は最短1時間となっていますが、実際には混雑状況などにより審査時間は前後することがあります。特に即日融資を希望する場合は、午前中のうちに申込手続きを行うことをおすすめします。

審査の対応時間は9時から21時までとなっています(土日祝日も同様)。

メリット・デメリット

Webから申込、口座へ振り込むことのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • インターネット環境がある場所であれば、どこからでも申込や口座振込みまでの手続きが行える
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、いつでも10秒以内に口座へ振込みが行われる

【デメリット】

  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていない場合、平日14時50分以降や、休日に即日の融資を受けられない

 

即日融資の方法②自動契約機で申込・カード発行を行い、ATMを利用する方法

プロミスの窓口や自動契約機へ行って手続きを行い、その場でカードを受け取りコンビニATMなどからお金を引き出す方法です。この方法の特徴は、その場でカード発行を行い、すぐにお金を引き出せることです。

審査は最短30分で完了しますし、自宅や会社の近くに自動契約機があるのであれば、非常に手軽な方法です。

プロミスの自動契約機の受付時間は、土・日・祝日関係なく9時から22時までとなっています※。

※一部店舗では営業時間が異なりますのでご注意ください。

申込から融資までの時間は?

自動契約機での申込は約30~40分程度で完了することが多いです。契約が完了すればすぐにカードを受け取ることができ、近くのATMからお金を引き出すことができます。

メリット・デメリット

自動契約機でカード発行を行い、ATMからお金を引き出した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 休日であっても手続きを行うことができる
  • その場でローンカードを受け取り、近くのコンビニATMなどからいつでもお金を引き出すことができる

【デメリット】

  • 自動契約機へ行き、手続きを行う必要がある
  • 審査中、自動契約機内で待機する必要がある

 

即日融資の方法③Webから申込、自動契約機からカード発行を行い、ATMを利用する方法

方法②では申込から審査完了、カード発行までを自動契約機で行いましたが、こちらの方法では申込をプロミスの公式ホームページから行います。手続きを行い、審査完了の通知を受けてから自動契約機へ行き、カード発行を行います。自動契約機ですべての手続きを行うと、審査中も自動契約機で待つ必要があるため、少々時間がかかります。しかしWebで申込手続きを終え、審査が完了した状態で自動契約機へ行けば、より短い時間でカード発行が行えます。

ちなみにこの方法では、本人確認書類として「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれかひとつを、自動契約機へ持参する必要があります。

申込から融資までの時間は?

Web申込を行った場合、審査時間は最短30分です。審査完了後に自動契約機へ行ってカード発行を行えば、すぐにATMからお金を引き出すことができます。自動契約機での手続き時間は、少なくとも30分以内には完了するため、申込から融資までの時間は、移動時間なども含め1~2時間ほどになるでしょう。

メリット・デメリット

Webから申込みを行い、自動契約機からカードを受け取った後、ATMからお金を引き出した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 自動契約機でカードを受け取るまでの時間を短縮することができる
  • その場でローンカードを受け取り、近くのコンビニATMなどからいつでもお金を引き出すことができる

【デメリット】

  • 自動契約機へ行き、手続きを行う必要がある。

即日融資の方法④Webから申込、自動契約機からカード発行を行い、口座振込を利用する方法

4つ目は、Webで申込手続きを行い、自動契約機でカードを発行してから、口座振込を行う方法です。カードを受け取った場合でも口座振込みを利用することはできますので、自動契約機でカード発行を行った後でも、方法①で解説した手順で口座への振込みを行うことができます。何らかの理由でATMが利用できない場合は、この方法で融資を受けましょう。

申込から融資までの時間は?

Web申込手続きから審査完了まで最短30分。その後自動契約機でローンカードを受け取り、口座振込みを行うまで1~2時間ほどです。三井住友銀行かジャパンネット銀行を持っていなければ、平日14時50分までに振込み手続きを終えなければ即日振込みができませんのでご注意ください。

メリット・デメリット

Webで申込手続きを行い、自動契約機でカードを発行してから、口座振込を行った場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 何らかの理由でATMが利用できない場合でも融資を受けられる
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも、最短10秒で「瞬フリ」を利用できる。

【デメリット】

  • 自動契約機へ行く必要がある

プロミスで即日融資を受ける方法ってこんなにたくさんあったんだね!僕の家の近くにはプロミスの自動契約機が無いから、方法①がいいかな。

Webで手続きすべてを完結させられるというのは非常に便利ですよね。特に、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っている人が利用できる「瞬フリ」は、即日融資を受けたい人にとってありがたいサービスです。即日でお金を借りられる方法は限られますし、小口融資に限るのであればカードローンはとても便利です。

有効に活用し、日々の資金繰りに役立てましょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加