コラム

「金がねえ!」何としてでもお金が必要な人に方法を伝授

367view
2016.6.13 公開 | 2016.11.10 更新

「急に○万円が必要になった!けど今は手元にまとまった金がねえ!なんとかしなきゃ!!」

いざお金を借りようと思うと、「親に借りる」「カードローンで借りる」「あとは・・・なにがあったっけ?」というふうに、案外その手段は限られていることに気づきます。

そこでこの記事では、お金を借りる方法について「即日必要」「1週間以内に必要」以上2パターンで、お金を借りる方法をご紹介していきます。

いま気持ちが焦っている人は、気持ちを落ち着かせながらこの記事を読んでください。

pixta_9015967_M

 

「金がねえ!」即日お金が必要な人へ

今日中にお金が必要なんだ!!早く方法を教えて!!

では早速、即日お金を借りる方法についてご紹介します。

消費者金融系カードローンで即日契約

いまあなたがアルバイトをしており、ある程度安定した収入があるのであれば、消費者金融系カードローンから即日お金を借りられる可能性があります。方法は、身分証と収入証明書をもって近くの自動契約機へ行くだけです。

また、銀行系カードローンのバンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)も、窓口で手続きを行えば即日お金を借りられる可能性があります。

バンクイック公式ホームページには以下のように書かれています。

パート・アルバイト 安定した収入があれば申し込み可能
学生 両親等の同意があれば申し込み可能
主婦(主夫) 申し込み可能

消費者金融系カードローンは貸金業法によって「年収の3分の1以上はお金を貸してはならない」と決められており、主婦や学生など安定した収入のない人が借りるのは難しくなっています。

ですから、主婦や学生の人は、貸金業法の対象外である銀行系カードローンからお金を借りるようにしましょう。

バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)に関しては、webで手続きを進めてから窓口へ行くことでより手続きを早く済ませることができます。即日お金が必要で、お近くに三菱東京UFJ銀行の窓口(テレビ窓口でも可)がある人は、いますぐバンクイックで申し込みを開始しましょう。

テレビ窓口であれば10時から20時まで利用可能です(土曜・祝日は18時まで。日曜は17時まで)。

もしお近くに自動契約機や窓口がない場合は、消費者金融系カードローンのプロミスであればweb上での手続きだけでお金を借りることができます。

カードローンに申し込む際の必要書類リスト

持ち物はこれらの書類が必要です。②は50万円など多額になる場合は必要です。

  1. 身分証(免許証・健康保険証・パスポート・学生証)
  2.  収入証明書(借入限度金額が基準を超えた場合)

貴重品を質屋に入れてお金にする(あるいはお金を借りる)

質屋に貴重品を売ることでお金を得る方法は知っている人の方が多いかと思いますが、質屋では貴重品を担保にしてお金を借りることもできます。

方法としては、価値のあるものをお近くの質屋へ持って行き、それを預けてお金を借りるだけです。借りられる上限金額は、預けたものの価値に応じて決まります。

カードローンと質屋の4つの違い

お金を借りるという行為自体はカードローンでも質屋でも同じですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

一つ目の大きな違いは、「担保が必要か否か」。カードローンは無担保でお金を借りられますが、質屋では貴重品の「担保」があることでお金を借りられます。

二つ目の違いは、「借金の返済に対し、督促や差し押さえがあるかどうか」。

カードローンは無担保でお金を借りられる分、返済しなければ業者から督促が行われ、最悪の場合は財産や給料が差し押さえられてしまいます。

一方、質屋の場合は借りている金額と相応のものを担保としているため、借金の返済が遅れたり返済できなくなったりしても、取り立てなどが行われることはありません。

ちなみに質屋への返済が3ヶ月間滞ることで担保の所有権が質屋に移りますが(「質流れ」といいます)、利息を支払うことで質流れを防ぐことができます。

三つ目の違いはお金を借りたという情報が「信用情報機関」に記録されるかどうか。

カードローンでは無担保でお金を貸す分、その人の「信用」をとても重視します。そこで、返済の延滞や自己破産などの情報について信用情報機関と呼ばれる機関が記録し、返済能力に難ありと判断されるとカードローンからお金を借りられなくなることもあります。

一方で、質屋でお金を借り、万が一返済が滞っても、その履歴がその質屋以外で記録されることはまずありません。

四つ目の違いは、適応される法律の違いにより利率が変わる点です。カードローンと質屋でどれくらい金利が違うのかというと、カードローンは貸金業法により上限年利が20%と定められているのに対し、質屋は「質屋営業法」により、上限年利が109.5%と決められています。カードローンの年利と比較すると、その差はなんと5倍以上になります。

なぜ質屋の年利がこれほど高いのかというと、質屋は契約期限が3ヶ月と決まっていることから、融資期間が短期間となるためです。調べてみると、さすがに年利109.5%と設定している質屋はあまりみかけることはありませんが、年利30%~90%ほどに設定している質屋が多いようです。

質屋の金利が高い理由についてまとめると、以下のようになります。

  •  原則、3ヶ月間と返済期間が決まっていること
  •  融資額が少額であること
  •  担保の鑑定に知識が必要であること
  •  担保の管理・保管にコストがかかること

これらの理由をきくと「多少金利が高くてもしょうがないか」と感じるかもしれませんが、もし仮に年利100%とした場合、1年間で借りた金額の倍のお金を返さなければならないことになります。

質屋・カードローンのメリット・デメリット

質屋のメリット・デメリットは以下のとおりです

メリット

  1. お金を借りたことに関する情報が、信用情報期間に残らない。
  2. 質流れによって借金はなくなり、催促や取り立ても行われない。

デメリット

  1. カードローンと比べ、上限金利が5倍以上高い。
  2. 担保となる価値のあるものが必要。

 

カードローンのメリット・デメリットは以下のとおりです

メリット

  1. 質屋と比べて圧倒的に金利が低い。
  2. 無担保でお金を借りられる。

デメリット

  1. お金を借りたことや、延滞したことなどに関する情報が信用情報機関に残る。
  2. 担保がないため、返済できないと財産を差し押さえられ、自己破産にいたるケースも。

それぞれで長所、短所がはっきりしているため、あなたの事情に合わせてどちらを選ぶか決めてください。一つだけアドバイスするなら、お金を返す自信があるのであればカードローンから、逆に返済に自信がない人は質屋からお金を借りるのがいいでしょう。

1週間以内に必要

次に、お金の準備期間が1週間ほどある場合における借入方法について解説します。

銀行系カードローンに申し込む

1週間時間があるのであれば、金利の低い銀行系カードローンを検討してください。銀行系カードローンと消費者金融系カードローンでは金利が数%違う場合もあり、利息に数千円、下手をすると1万円以上差が出る可能性があります。

金利で選ぶならソニー銀行

銀行系カードローンの中でも特に金利が低いのはソニー銀行です。ソニー銀行の金利は2.5~13.8%で、これより金利の低いカードローンはほとんどありません。強いて言えばみずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」はソニー銀行より低金利ですが、これは高所得でなおかつ安定した収入のある方しか利用することができません。

オークションで物を売る

質屋に物を預ける・または売るより、yahoo!オークションなどでひと手間かけて売ったほうが得られる金額は大きくなる可能性が高いです。ただし、オークションの日数や落札者とのやりとりに日数を取られると、1週間以内にお金を得られないこともあるため、お金を準備するという意味では、リスクがある方法であると言えます。
また、売れるものが手元にない場合にはこの方法は使えません。

カードローン・オークションのメリットとデメリット

カードローンのメリット・デメリットは以下のとおりです

カードローンのメリット

  1. 審査が完了し、ローンカードを手に入れることができれば確実にお金を借りられる
  2. 銀行系であれば、比較的低金利でお金を借りられる

カードローンのデメリット

  1. 利息がかかる
  2. お金を借りたことや、延滞したことに関する情報がすべて信用情報機関に残る。
  3. 銀行系だと審査に時間がかかる場合がある

 

オークションのメリット・デメリットは以下のとおりです

オークションのメリット

  1. お金を返済する必要がない
  2. 自分のものを、ほぼ最大価格で売却できる

オークションのデメリット

  1. 振込みまでの時間は取引相手に依存するため、場合によっては1週間以内にお金を準備できない可能性がある
  2.  時期やタイミングにより、予定より低い金額での落札となる可能性がある

家でなにか売れるものがないか調べてみたら、案外お金になりそうなものがみつかったよ。とりあえず売れるだけ売って、それで足りなさそうならカードローンに申し込もうかな。

いい考えですね。むやみにお金を借りようとするのは間違いです。お金を借りることを考えるより先に、借金することなくお金を手に入れられないか考えるようにしましょう。お金を借りるというのはあくまで最終手段です。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加