コラム

お金が足りない?最速即日の解決方法をお教えします

275view
2016.6.27 公開 | 2016.10.25 更新

「お金が必要なのに、口座の残高は残りわずか。ああ、どこかにお金落ちていないかなぁ」毎日一生懸命働いていても、月末に近づくにつれ生活が苦しくなる。買い物や飲み会など、ちょっとした贅沢も思うように楽しめない。そんな「お金が足りない」と嘆くあなたのために、この記事では最短「即日」でお金を得る方法を紹介します。フリーターや専業主婦でもお金が手に入る方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

pixta_20874021_M

最短即日でお金を得る方法

本当にお金が足りないんだ。今週に入ってから、カップ麺しか食べてないよ。誰かなんとかして!!

安心してください。この記事では、「お金が手に入るまでにどれくらい時間がかかるのか」「どんな人がその方法を活用できるのか」について、きちんと説明していきます。安心して読み進めてくださいね。

方法①クレジットカードでキャッシングする

お金を得られるまでの時間 最短数分
対象者 ・  キャッシング枠のあるクレジットカードの保有者

・  安定した収入のある人・配偶者や親に安定した収入がある人

メリット 手軽にお金を借りられる
デメリット 金利が高い

もっとも簡単にお金を得られる(借りられる)方法は、クレジットカードによるキャッシングです。

20代から60代までのクレジットカード保有率は 80%を超えるため、この方法は多くの人にとって利用可能でしょう。

参考:クレジットカードに関する総合調査|2014年度版調査結果レポート

手元にあるクレジットカードを握りしめて最寄りのコンビニへ向かえば、ATMからお金を引き出すことができます。借りられる上限金額は人によりますが、10万円程度であれば借りられる場合が多いようです。

ただし、クレジットカードのキャッシングにはデメリットも存在します。

クレジットカードのキャッシングには、どんなデメリットがあるの?

説明します。クレジットカードでキャッシングを行った場合のデメリットは、他の借入方法と比較し、高い金利が課されることです。

例えば、住宅ローンの「固定金利」で課される金利はおよそ2~4%。これに対し、クレジットカードでキャッシングを行った場合、18%前後の金利が課されます。このように、クレジットカードのキャッシングでは住宅ローンと比較し5倍以上も金利が高くなります。

住宅ローンは特に金利が低い部類に入るとはいえ、クレジットカードでキャッシングを利用した際に課される金利18%は高いと言わざるおえません。

方法②質屋・リサイクルショップで物を売る(質を担保にお金を借りる)

お金を得られるまでの時間 最短数十分
対象者 全員
メリット ・借入情報が信用情報期間に残らない
・担保があるため、返済しなくても差押や自己破産の心配がない
デメリット ・  お金を借りた場合、金利が非常に高い

・  価値が高く、かつ質に入れられる物が手元になければならない

お金を即日手に入れられる二つ目の方法は、質屋・リサイクルショップで、金目のものを売ることです。この方法であれば、「お金が足りない」と嘆く専業主婦や学生、フリーターなど安定した収入のない人でも、金目のものを持ってさえいれば問題なくお金を得ることができます。

売りたくないブランド品などの場合、それを担保にお金を借りることもできます。

質屋でお金を借りることのメリットは、あなたが借入を行ったという情報が、その質屋以外に流出しにくい点です。質屋でお金を借り、万が一返済を延滞してしまっても、そのことが原因でローンやクレジットカードの審査に通過できなくなるようなことは起こりません。

もしクレジットカードやカードローンを使ってキャッシングを行った場合、借入や返済などに関するあらゆる情報が記録として残ります。長期延滞などをしてしまった場合、その後のローン審査に悪影響を及ぼすこともあります。

お金を借りる上で、返済延滞や踏み倒しなどの事故情報が信用情報機関に残らないというのは非常に大きなメリットです。

信用情報機関に関して詳しく知りたい人はこちら→個人信用情報とは?個人信用情報機関まとめ

一方で、質屋での借入にはデメリットもあります。金利が著しく高くなってしまう点です。

クレジットカードの金利がおよそ18%であることを上記しましたが、多くの質屋では、借入の際の金利を36~96%に設定されています。住宅ローンの金利と比較すると、その差は10~30倍にもなります。なぜこれほどに金利が高くなるかというと、

  • 短期返済(3ヶ月ほど)を前提としていること
  • 質を見極めるという専門性が絡むこと
  • 質を管理・保管するコストがかかること

などが関係しています。

短期間でお金を返済できるのであれば金利が高くても特に問題ありませんが、返済期間に半年や1年かかる場合、質屋からお金を借りることは決しておすすめしません。

質屋やリサイクルショップでは、どんなものが高く売れるの?

高く売れるものとして代表的なものは、ブランド品や貴金属、金券、商品券などです。特にブランド品では、絶版になることで価値が上がることもあります。タンスにしまったままのブランド品があるのでしたら、これを機に質屋に出すことで、思いがけない金額が手に入るかもしれませんよ。

方法③即日融資可能なカードローンに申し込む

お金を得られるまでの時間 最短1時間程度
対象者 ・  安定した収入がある人

・  親や配偶者に安定した収入がある人

メリット ・  契約が済めば、その後いつでもお金を借りられる

・  担保が必要ない

・  クレジットカードと比較すると金利が低いものもある

デメリット ・  借入・返済・延滞情報などが信用情報機関に残る

・  住宅ローンなどと比べると金利が高い

手軽にお金を借りられる三つ目の方法は「カードローン」です。借入方法はクレジットカードによるキャッシングと同様、最寄りのコンビニATMなどからお金を引き出すことができます。

口座振り込みに対応しているカードローンであれば、ウェブ上のマイページから口座への振込み手続きを行うこともできます。多くの消費者金融系カードローンでは、少なくとも14時までに振込み手続きを完了できれば、即日でお金を借りられます。

カードローンは「銀行系」「消費者金融系」がありますが、とにかく早く借りたいのであれば「消費者金融系」がおすすめです。

銀行系と消費者金融系で、具体的にはどんな違いがあるの?

銀行系と消費者金融系の違いについては、以下の表を参考にしてください。

銀行系 消費者金融系
主な企業 三菱東京UFJ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
プロミス
アコム
アイフル
融資までの早さ 基本的に口座を持っていると即日融資 即日で受けやすい
手続きの複雑さ 少々手間がかかる 手軽
上限金利 14%前後 18%弱
借入上限額 法律による制限なし 年収の1/3まで

端的に言えば、借りたい金額がそれほど多くなく(年収の1/3以内)、できるだけ手軽に早く借り入れを行いたい方は「消費者金融系」。融資を急がず、なるべく低金利で借り入れを行いたい方は「銀行系」が、それぞれおすすめです。

消費者金融系カードローンの中でも、特に手軽に素早く借りられるのは「プロミス」

消費者金融系カードローンの中でも、特におすすめなのはプロミスです。プロミスは「電話による在籍確認なし」「融資上限額50万円以内であれば収入証明書の提出不要」「カードレス取引可能」など、徹底して手軽さを追求しています。14時50分までに振込み手続きを行えば、ほぼ即時に振込みが行われます。さらに詳細はこちらで記載していますので、ご確認ください。プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)のメリット・デメリット総まとめ
ネットで手軽に手続きを終えられますので、とにかく早くお金を借りたい人は、下記リンクから公式サイトより手続きを開始してください。

主婦や学生が即日お金を得るにはどうしたらいいのかな?

消費者金融系カードローンに関しては「年収の1/3までしかお金を借りられない」と法律で決められているため、主婦や学生など安定した収入のない人が融資を受けることが非常に難しいです。一方で、銀行系カードローンには異なる法律が適応されるため、学生や主婦であっても審査に通過できる可能性があります。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」であれば即日融資を受けられる可能性があるため、興味のある方は下記リンクから詳細についてご確認下さい。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加