コラム

お金を借りやすい消費者金融はどこ?選ぶポイント3つとおすすめ業者

305view
2016.7.21 公開 | 2016.11.14 更新

消費者金融のカードローンに申し込みたいんだけど、どこに申し込めばいいのかわからない。いろいろ手続きが面倒なのは嫌だから、なるべくお金を借りやすい消費者金融を探している。

そんなあなたのために、お金を借りやすい消費者金融を選ぶポイントをご紹介します。

people, business, finances and money concept - close up of businessman hands holding open holding wallet and credit card

借りやすい消費者金融ってなんだろう?

「お金を借りやすい消費者金融」と一言で言っても、業者によって審査の条件が異なり、一概に言うことは簡単ではありません。

そこで、この記事では以下3点に焦点を絞り、借りやすい消費者金融を選んでいきます。

  • 早く借りられる(最短即日融資)
  • 審査が簡単(電話による在籍確認なし、収入証明書提出不要)
  • カードレス融資に対応している

一つずつ、具体的に解説していきます。

借りやすい消費者金融を選ぶポイント①早く借りられる(最短即日融資)

申し込んでから融資までの時間が短いことは、「借りやすさ」の観点から重要であると考えられます。

即日融資を重視したい人は、お近くにある自動契約機で手続きや審査を行い、その場でカードを手に入れることをおすすめします。カードが手に入ればお近くのコンビニATMなどで簡単にお金を借りられます。

例えばプロミスやアコムなどの自動契約機は夜22時頃まで営業しており※、夕方以降であっても即日融資を受けられる可能性があります。

※一部店舗では21時までの営業時間となっています。

一方で、自動契約機が近くになかったり、自動契約機で手続きを行う時間がない人もいますよね。

そんな人も、安心してください。

Webで手続きを完結させられ、なおかつ即日で口座への振り込みを行ってくれる消費者金融も存在します。具体的には、プロミスやモビットなどです。ただし、Webのみで手続きを行う場合、即日融資を受けるには基本的に昼過ぎ(14時など)までに手続きを終える必要があります。

消費者金融によって即日融資を行える対応時間が異なり、14時までとする業者もあれば、14時50分までとする業者もあります。特に遅い時間まで即日融資に対応しているのはプロミスで、14時50分までに振り込み手続きを終えればほぼ瞬間的に口座へお金が振り込まれます。

借りやすい消費者金融を選ぶポイント②審査が簡単

お金の借りやすさを決める大きな要因の一つとして、「審査が簡単か否か」があります。

審査が簡単だと聞くと、「審査が甘い」という言葉を連想するかもしれませんが、それとは少々ニュアンスが異なります。審査が簡単というのはつまり、手続きが簡略化されていたり、一部の書類の提出が不要だったりといった「手軽さ」を意味しています。具体的には、下記のようなものです。

  • 在籍確認が電話ではなく書類で行える
  • 収入証明書の提出が不要

 

在籍確認とは、申込者が記載した職場に実際に勤めているか確認するために行われるものです。貸金業者にとって、申込者に返済能力があるか正確に判断することは非常に重要ですので、在籍確認が行われることはある面では当然のことと言えるでしょう。

しかし申込者にとって少々厄介なのが、自身の勤める職場へ電話連絡が行われることです。

職場へ電話連絡が行われると、職場で在籍確認の電話を受けた人が、それが在籍確認の電話であることに気づく恐れがあります。また、休日に職場に人がいない会社では、土・日・祝日に電話による在籍確認を行うことができませんので、カードローンの手続きを進められません。

こういった背景を受けて、一部の貸金業者では在籍確認の手続きを書類で行えるよう配慮しています。その代表的な業者がプロミスですね。

プロミスは申し込みの際に「電話による在籍確認」と「書類による在籍確認」をどちらか選ぶことができます。書類による在籍確認では、社員証や給与明細書など、申込者がその会社で働いていることを証明する書類をスマホで撮影し、送るだけで手続きが済みます。

在籍確認をこれほど簡単に行える貸金業者は、ほとんどありません。

また、収入証明書※の提出が必要か否かも業者によって異なります。そのため、それらの書類の提出が必須でないカードローンの方がより手軽であると言えます。

収入証明書の提出が不要な消費者金融系カードローンとしては、プロミス、アコム、アイフルがあります。逆に収入証明書の提出が必要となるのはモビットです。

※収入証明書とは、自身の収入を公的に証明する書類のことです。具体的には、「源泉徴収票」「確定申告書」「所得証明書」などがあります。

借りやすい消費者金融を選ぶポイント③カードレス融資に対応している

カードローンでの借入は、基本的にはローンカードを用いて行います。しかし近年では、Web上の手続きのみで、カードを用いず銀行口座へ直接お金が振り込まれるサービスも充実してきています。

例えば、プロミスでは「カードレス」のカードローンサービスを提供しており、手元にローンカードがなくても融資を受けることができます。

ローンカードを郵送してもらう必要もなくなるため、貸金業者から一切郵送物が送られてこないよう設定することもできます。

以上を踏まえた上で、借りやすい消費者金融はどこか?

借りやすい消費者金融の条件についてはよくわかったよ。じゃあ、早く借りられて、審査が簡単で、カードレス融資にも対応している消費者金融はどこなの??というか、これら全てを満たす消費者金融って存在するの?

安心してください。1社だけ、上記した条件をすべて満たす消費者金融が存在します。

借りやすい消費者金融「プロミス」

  • 早く借りられる
  • 審査が簡単
  • カードレス対応

これらの条件を満たす消費者金融は、おそらくプロミスしかありません。プロミスの特徴をまとめると、以下のようになります。

プロミスの特徴まとめ

借りやすさにおいて、プロミスは非常に優れています

  1. 申し込みから融資までの手続きが最短1時間で完了
  2. 平日14:50までにWebのマイページから振り込み手続きを完了すれば、すぐに指定口座に振り込み
  3. 書類での在籍確認が可能
  4. 収入証明書の提出不要※1
  5. アルバイトでも安定した収入があれば利用可能
  6. カードレス取引に対応
  7. 原則として郵送物なし
  8. 初めて利用する場合、30日間無利息キャッシングが利用可能※2

※1融資限度額50万円以下に限ります。

※2メールアドレスの登録、およびWeb明細利用の登録が必要となります。

以上の特徴に加え、利用者が三井住友銀行・ジャパンネット銀行どちらかの口座を開設していた場合、「瞬フリ」サービスが利用できます。

瞬フリとは、手続き完了から最短10秒で指定口座へ振り込みが行われるキャッシングサービスです。他の口座で当日融資を受けたい場合には平日の14:50までにWeb上での振り込み手続きを行う必要がありますが、瞬フリであれば365日24時間、いつでも即時に振り込みが行われます。

つまり、迷ったらプロミスに申し込めばいいってこと?

「借りやすい」という点を最も重視するのであれば、その通りですね。借りやすさにおいて、プロミスの右に出るものはないと言えます。プロミスの魅力は「借りやすさ」だけではありません。30日間の無利息キャンペーンや瞬フリといった、他社にないサービスも多く提供しています。また、微妙な差ではありますが、上限金利が17.8%と、他の消費者金融系カードローンと比べて少々低い点も嬉しいですね。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加