コラム

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の口コミ情報総まとめ!メリットデメリット

227view
2016.11.1 公開 | 2016.11.1 更新

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は銀行系カードローンの一つで、人気の高いカードローンの一つです。

バンクイックの利用者はどのようなことを感じているのかをまとめ、バンクイックがカードローンとしてどのような特徴を持っているのか紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の口コミ情報総まとめ!メリットデメリット

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の基本情報まとめ

バンクイックの口コミについて紹介する前に、基本的な情報について確認しておきましょう。

バンクイックの基本情報は以下の通りです。

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短即日
申し込み可能年齢 満20歳以上65歳未満
収入証明書の提出 利用限度額200万円まで不要
担保 不要
必要書類 運転免許証

うーん、これだけ見てもイマイチよくわからないなぁ。バンクイックの特徴をわかりやすく説明してよ。

わかりました。バンクイックの特徴は、銀行系カードローンであること、年収の3分の1以上でもお金を借りられること、そして、電話窓口で土日祝日にもローンカードの発行が行えることの3つです。一つずつ、詳しく説明していきます。

バンクイックは銀行系カードローン

カードローンは、大きく分けて消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの2種類あり、バンクイックは銀行系カードローンです。銀行系と消費者金融系の違いは、カードローンの貸金業社が銀行なのか、消費者金融なのかの違いを表しています。

銀行系カードローンの特徴として、消費者金融系カードローンと比較し上限金利が低いことが挙げられます。また、コンビニATMでの手数料もかからない場合が多いです。

バンクイックなら年収の3分の1以上であってもお金を借りられる

銀行系カードローンには貸金業法が適応されないため、総量規制の対象外であるという特徴もあります。総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を借りることができないことを定めた規制のことで、消費者金融系カードローンやクレジットカードでのキャッシングが対象となっています。

バンクイックは銀行系カードローンであるため、貸金業法は適応されません。

バンクイックなら基本的に収入証明書の提出不要

バンクイックへ申し込みを行うとき、基本的には収入証明書の提出は求められません。収入証明書の提出が必要となるのは、利用限度額として200万円以上を希望するときに限られます。

消費者金融系カードローンでは、1社から50万円以上の借り入れ枠を作る場合や複数の消費者金融・クレジットカードからの借り入れ枠が100万円を超える場合に収入証明書の提出が義務付けられています。

バンクイックは電話窓口で土日祝日でもカードが発行できる

バンクイックは、土日祝日であっても即日でカード発行が行える可能性があります。三菱東京UFJ銀行にはテレビ窓口が設置されている店舗があり、そこで手続きを行えば最短40分で審査、カード発行を行えます。

銀行系カードローンは土日に窓口が閉まっている場合が多く、即日発行を行えるものは限られています。

そのため、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても即日発行を行える可能性のあるバンクイックは、銀行系カードローンの中でも稀有な存在であると言えます。

バンクイックの口コミまとめ!

それではここから、バンクイックの口コミに関する情報をまとめます。まずは、申し込みに関する口コミです。

申し込みに関する口コミ

【ポジティブなもの】

  • テレビ窓口で1時間ほどでカード発行が行えた。
  • テレビ窓口へ運転免許証を持って行っただけで借りられた。
  • 他社では借りられなかったが、バンクイックでは借りることができた
  • スマートフォンで申し込みを行い、当日の夜に審査結果の連絡があった(通過)
  • 収入証明書の提出が不要で助かった
  • 専業主婦でも借りられた。限度額は30万円だった。
  • 初めて申し込んだときの限度額が高いように感じる。
  • バイトの自分でも審査に通った。

 

【ネガティブなもの】

  • テレビ窓口の数は限りがあり、混雑している場合には並ぶことも。
  • テレビ窓口がない店舗もあるため、可能であれば事前の確認を行ったほうがいい。
  • Webで申し込んでも、即日でカードを受け取るにはテレビ窓口などへ行く必要がある。
  • テレビ窓口が近くになく、書類を郵送してもらったりFAXで送ったりと手間取った。
  • 在籍確認の電話が会社にあった。在籍確認を書類で行いたかった。

バンクイックの申し込みに関する口コミについて、わかりやすく解説してよ!

申し込みに関する口コミをまとめると、やはりテレビ窓口で手軽にカード発行を行える点に魅力を感じている方が多くいるようですね。一方で、テレビ窓口が混んでいることや、そもそもテレビ窓口の設置してある三菱東京UFJ銀行が近場にないこともあるため、人によっては手軽に即日カード発行を行えないこともあるようです。

返済に関する口コミ

【ポジティブなもの】

  • クレジットカードより金利が低く、返済が楽になった。
  • 30万円借りていたが、毎月の返済額は6,000円で済んだ。
  • コンビニATMで返済できるため手軽。手数料も基本的に無料で返済できた。

 

【ネガティブなもの】

  • 金利に関しては、ほかの銀行系カードローンの方が安いものもある。

バンクイックより金利の低いカードローンは、具体的に何があるの?

上限金利の差に着目すると、バンクイックよりもみずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンの方が金利が低いです。各社の上限金利は以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

カードローン名 上限金利
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%
三井住友銀行カードローン 14.5%
みずほ銀行カードローン 14.0%

なんで上限金利が重要なの?

カードローンを利用する方の多くは数十万円以内の小口融資を受けるに止まるかと思いますが、融資金額が小口であれば、課される金利は基本的に上限金利に近いものになるためです。

その他に関する口コミ

【ポジティブなもの】

  • メガバンクということもあり安心。
  • 利用限度額が高かったため、安心して借りることができた。
  • 請求書などが家に送られてこなかったので、嫁にばれずに借りることができた。
  • 事前に借入診断を行うことができ、審査通過の目安として把握できた。

 

【ネガティブなもの】

  • あまりに手軽に借りることができるため、気づかないうちにお金を借り過ぎてしまいそう。
  • 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードにバンクイックの借入機能を追加することができなくて不便。

やっぱり、メガバンクというのは安心感があるよね。

そうですね。三菱東京UFJ銀行のネームバリューだけでなく、バンクイックはカードローンとしての機能にも優れています。

まとめ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の口コミについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

バンクイックは銀行系カードローンの特徴である「金利が低い」「融資金額が総量規制の影響を受けない」などの長所がありながら、銀行系カードローンの短所である「土日祝日に窓口が開いていない」という問題をテレビ窓口によって解決しています。

口コミをみても全体として満足度が高く、安心して借りられるカードローンとしておすすめです。

サラリーマン

今まで、お金が必要になったときはクレジットカードでキャッシングしてたんだ。けど、口コミを見るとバンクイックの方が金利低いみたいだし、バンクイックに申し込むことにするよ。

 

それはいい考えですね。クレジットカードのキャッシングは手軽さが魅力ですが、課される金利は銀行系カードローンより高い場合がほとんどです。クレジットカードのキャッシングを繰り返していると、利息として損する金額もどんどん大きくなっていきます。これからもキャッシングを行う予定があるのであれば、早い段階でバンクイックなど金利の低いものを選ばれることをおすすめします。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加