コラム

収入証明書が不要のおすすめカードローン3選

246view
2016.5.31 公開 | 2016.10.25 更新

お金を借りようと思っていたのに、収入証明書が必要だと言われて困った・・・。そもそも収入証明書ってどんなもの?収入証明書の提出が必要ないカードローンって存在するの?それらの疑問に答えるため、この記事ではカードローンと収入証明書の関係について詳しく解説していきます。先に結論をお伝えすると、融資希望金額が300万円以下であれば、収入証明書がなくてもカードローンを契約し、お金を借りることができる可能性があります。

pixta_9069592_M

収入証明書って例えばどんなもの?

収入証明書とは「自分自身の収入を公的に証明する書類」です。具体的には、以下のようなものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書(課税証明書)
  • 2ヶ月分の給与支払明細書+1年分の賞与支払明細書(あれば)

 

これらの中でも、多くの人にとって馴染みの深いものは「給与支払明細書」でしょう。大学生やフリーターであっても、アルバイトをしているのであれば基本的に毎月受け取っているはずです。

なぜ収入証明書が必要なの?

そもそも、お金を借りるのになぜ収入証明書の提出が必要になるのでしょうか?簡単に説明します。

カードローンの特徴は「無担保」でお金を貸すことにあり、その上で一つ、貸す側がどうしても知っておきたいことがあります。それは、「お金を貸した相手に返済能力があるのか?」ということです。

たとえ多額のお金を貸したとしても、その人の収入が安定しており、なおかつ高所得であるならば、「返済力がある」と判断することができます。一方、低所得の人に対して多額のお金を貸した場合、利息も大きくなる分、自己破産や債務整理をされてしまうリスクが高まります。

そのため、カードローンの審査の中で収入証明書を確認することで、その人の「返済力」を見極め、貸し出し上限額を見定める必要があるのです。

なぜ収入証明書が不要になることがあるの?

一方で、収入証明書の提出を必須にしていると、カードローンの魅力である「手軽さ」を損なうことにつながります。そこで、一定額以下であれば収入証明書の提出なしにお金を貸す消費者金融や銀行が出てきました。

収入証明書の提出が不要!カードローンサービス一覧

収入証明書の提出が必要ないカードローン業者は、以下のとおりです。

まずは消費者金融系カードローンからご紹介します。

消費者金融系カードローン

収入証明書提出不要の業者一覧

  1. プロミス(融資額50万円以下)
  2. アコム(融資額50万円以下)
  3. アイフル(融資額50万円以下)

 

これら消費者金融系カードローンで収入証明書の提出が必要となるのは、1社からの借入金額が50万円を超す場合か、消費者金融系カードローン複数社からの借入金額が100万円を超す場合のみです。

次に、銀行系カードローンの中から収入証明書提出が不要なものをご紹介します。

銀行系カードローン

収入証明書提出不要の業者一覧

  1. 三菱東京UFJ銀行バンクイック(融資額200万円以下)
  2. 三井住友銀行(融資額300万円以下)
  3. みずほ銀行(融資額200万円以下)
  4. ソニー銀行(融資額300万円以下)

 

総じて銀行系カードローンの方が、収入証明書を提出せずに、より多くのお金を借りることができます。

なぜ銀行系カードローンの方が利用限度額が高いの?

僕は100万円借りたいと思っていた場合、銀行系カードローンなら収入証明書がなくてもお金を借りられそうで安心だね。ところで、なんで消費者金融系カードローンでは50万円までしかお金を借りられないの?

説明しますね。消費者金融系カードローンは貸金業法によって、一定額以上の貸付を行う場合に収入証明書を確認することを義務付けられています。だから、消費者金融系は各社50万円まで収入証明書不要というように、金額が同じになっているのです。
これに対し、銀行系カードローンは貸金業法ではなく銀行法が適応されるため、200万円や300万円といった金額であっても収入証明書の提出を不要とすることができます。ただし、収入証明書を提出されないというのは銀行側としても不安があるため、貸付金額の上限設定は各社思案しています。
ちなみに、一つの消費者金融系カードローンからの借入金額が50万円以下だったとしても、複数の消費者金融系業者からの合計借入額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が義務付けられています。

収入証明書の提出が必要ないとき、あるとき。情報まとめ

一旦、ここまでの情報をまとめましょう。収入証明書の提出なしでお金を借りられるのは以下のときです。

  • プロミス、アコム、アイフルから50万円以下を借りる場合
  • 複数の消費者金融系カードローンから、合わせて100万円以下を借りる場合
  • 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行から200万円以下を借りる場合
  • 三井住友銀行、ソニー銀行から300万円以下を借りる場合

 

借入希望金額が50万円以下であれば(かつ消費者金融系業者からの合計借入金額が100万円以下であれば)、選択肢は比較的多く残されます。

逆に、収入証明書の提出が必要となるのは以下のとおり。

  • モビットからお金を借りる場合
  • プロミス、アコム、アイフルから50万円以上を借りる場合
  • 消費者金融系カードローンから合わせて100万円以上を借りる場合
  • 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行から200万円以上を借りる場合
  • 三井住友銀行、ソニー銀行から300万円以上を借りる場合

 

利用限度額に関する希望は申し込み時に選択できますので、収入証明書を提出せずにお金を借りたい方は、そこでうっかり収入証明書提出不要の限度額を超えないよう注意してください。

収入証明書が不要のおすすめカードローン!

ここからは、収入証明書の提出が不要な業者の中からおすすめなカードローンを、タイプ別に3つご紹介します。

  • 低金利なカードローン
  • webで完結し、即日(または翌日)融資可能なカードローン
  • 50万円以上借りられる可能性があり、なおかつ即日融資可能なカードローン

①低金利なカードローン「ソニー銀行」

ソニー銀行カードローンの金利は2.5%~13.8%と、非常に低く設定されています。カードローンの中で最も金利が低い業者の一つです。

希望融資限度額が300万円以下であれば、収入証明書の提示は原則不要です。

ソニー銀行の口座をすでにお持ちの場合、融資までの時間が早くなります(最短即日)。

「とにかく低金利で、融資額が大きく、収入証明書を提出しなくていいカードローン」をお探しの方はソニー銀行に申し込みましょう。

高所得者に朗報!みずほ銀行のエグゼクティブプラン

安定した高収入をお持ちの方は、みずほ銀行のエグゼクティブプランが最もおすすめです。金利はなんと、3.0%~7.0%。他社の追随を許さないほどの低金利です。
みずほ銀行はエグゼクティブプランとコンフォートプランの2つのプランを用意しており、審査の過程で自動的にどちらかのプランへと振り分けられます。
自身でプランを選ぶことはできない点が残念ですが、収入が安定しており、なおかつ高所得である人には、みずほ銀行がおすすめです。

②webで最も早く借りられる「プロミス」

プロミスは「電話による在籍確認なし(書類でok)」「郵送物なし(カードレス)」「即日送金可能」など、消費者金融ならではの手軽さにおいて強みがあります。
必要な金額が50万円以下で、なおかつ即日融資にこだわる場合にはプロミスがおすすめです。

③50万円以上を即日借りられる「可能性がある」バンクイック!

50万円以上を即日借りたい場合、三菱東京UFJ銀行「バンクイック」の銀行窓口かテレビ窓口で手続き・審査を行うことをおすすめします。バンクイックは窓口であれば最短40分で審査が完了します。

そこでカードを発行できればその場で受け取り、ATMからお金を引き出すことができます。ただし、初回の申し込みではどうしても信用度が低くなってしまうため、確実に融資上限額が50万円以上となるかは分かりません。

銀行窓口は平日の9時から15時まで。テレビ窓口は平日9時から20時まで、土曜祝日は10時から18時まで、日曜日は10時から17時までとなっております。

カードローンにもいろいろと種類があるんだね。ここで名前が挙がったカードローンの中で、教授のおすすめはどれ?

私は、プロミスをおすすめします。「webで完結」「カードレス」「収入証明書不要」「電話による在籍確認なし」「即日振込み可能」など、徹底して手軽さを追求している点に好感が持てます。しかもプロミスは30日間の無利息キャンペーンも行っていますので、借りたお金を短期間で返済できる場合、銀行系カードローンより利息を抑えられる可能性もあります。たしかに銀行系カードローンの金利の低さも魅力的ですが、手続きに時間がかかることも多いようです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加