おまとめ

オリックス銀行カードローンのメリット・デメリット総まとめ

385view
2016.2.18 公開 | 2016.10.25 更新

いきなりですが、オリックス銀行カードローンは、カードローンに即日融資を求める人には正直おすすめできません。しかし、「別に即日融資じゃなくてもいい」という人には、スペックも高いですし、自信を持っておすすめできます。

まず、ATMの使い勝手がとにかくいいこと。借入も、返済も、日本全国にあるほとんどのATMでできます。さらに、おまとめ、借りかえなど幅広いニーズに対応している商品として定評があるのです。そこで今回は、オリックス銀行カードローンについて、徹底解剖したいと思います。

FireShot Screen Capture #026 - 'オリックス銀行カードローン' - www_orixbank_co_jp_pr_card_001__id=31020B09999&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=card&i4c

オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローンの特徴

即日融資に対応できない以外は、カードローンとして優秀ですね。

  1. 業界最低クラスの年3.0%~17.8%という低い金利が特徴
  2. 借入限度額は最高800万円と高めに設定
  3. 安定収入があればパート、アルバイトの方でも申し込みが可能
  4. 保証人不要
  5. オリックス銀行の口座は不要で申し込み可能
  6. 返済額は毎月7,000円からで返済の計画が立てやすい(借入残高30万円以下の場合)
  7. 利用希望額300万円以下の場合、収入証明書不要
  8. ATM手数料無料
  9. 即時振り込みサービス対応(ジャパンネット銀行の口座が必要)

年金利 年3.0%~17.8%
借入限度額 最高800万円
審査時間 申し込み後、2~3日を目安(土日祝日を挟む場合は翌営業日)
融資スピード 審査完了を経て、ローンカードの発行を受けた後に利用可能
パート・アルバイト 毎月継続して安定した収入があれば可
月々の返済 借入残高に応じて返済額が決定
保証人の有無 不要
在籍確認 あり

メリット

借入・返済時のATMは全国網羅!?

ご存知の方もいるかもしれませんが、オリックス銀行は自前で店舗を持っていません。あるのは本店と出張所だけです。メガバンクのように、街中に店舗や営業所があるわけではありません。
そして、自前でATMを持っているわけでもありません。「そういえば、オリックス銀行のお店なんて見たことがないよな……」と思いませんでしたか?
実際に「ない」と言って構わないでしょう。これだけ聞くと、えらく使い勝手が悪いように聞こえますが、そんなことはありません。
借入、返済はメンバー専用のWebページから手続きを行い、提携ATMを使って引き出し、返済します。(他に口座への振り込み、引き落としの方法もあります)このときに使える提携ATMの数がすごいのです。
なんと全国で約93,000台以上!具体的には、次のATMが使えます。
txt_section02_list
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・イーネットATM
・ローソンATM
・イオン銀行
これだけあれば、ATMがなくて探し回る、ということはまずないでしょう。
ちょっとした街なら、歩いていれば必ず見つかるレベルです。
日本国内での旅行なら、見知らぬ街でもATMは使えます。
旅先で「あっ! お金がない!」と思ったときでも、楽ちんです。
また、借入、返済時にかかる手数料は24時間365日無料!
1
手数料も積み重なると結構な金額になるものです。
特に、頻繁に借入、返済をする人にとっては、手数料は見逃せない支出の一つであるわけですから。
だからこそ、この配慮はうれしいですね。
ATMの場所も手数料も、心配いらないというのは大きなメリットかもしれません。

おまとめ・借り換えローンに定評あり

複数の会社でカードローンを使っていると、困ることがありませんか?支払いの手続きが煩雑すぎる、金利が高い……いろいろと悩みがあるものだと思います。また、今使っているカードローンにも実は満足していない、ということだってありうるでしょう。そういう人にも、オリックス銀行カードローンはぜひおすすめしたい商品です。
FireShot Screen Capture #025 - 'オリックス銀行カードローン' - www_orixbank_co_jp_pr_card_001__id=31020B09999&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=card&i4c
業界最低水準の金利を誇ることから、おまとめ、借り換えのための商品としても定評があります。
カードローンを使う場合、「ちゃんと返していける構成になっているか」というのは重視してほしいところです。
その点、オリックス銀行カードローンはノウハウも、サポート体制も整っています。今、カードローンでお困りの人は、ぜひとも乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット

即日融資はできません

オリックス銀行カードローンの唯一にして、最大のデメリットかもしれません。
上記で書きましたが、即日融資はできないのです。まず、審査に時間がかかります。早い人ならその日のうちに回答がありますが、ない場合も多いです。大抵2~3日は回答までに時間を要しているようで、営業日でない土日を挟んだ場合、さらに回答が遅くなります。
カードローンにスピード感を求める人には、ちょっときついかもしれません。

また、審査結果の回答でOKが出たところで、すぐにカードローンが使えるわけではありません。
公式ホームページにもあるように、オリックス銀行カードローンはローンカードの発行が必須となっています。
他の銀行、消費者金融のように、カードレス取引には対応していません。しかもローンカードは郵送で自宅に届くので、日中仕事をしている人は受け取りに手間取る可能性もあるでしょう。
つまり、ローンカードが手元に来ないとまったく動けないのです。
ローンカードは審査結果の回答があってからの発送になるので、ここでもタイムラグが生じます。申し込んでから実際に使えるようになるのは、相当な日数がかかる、ということは覚えておいたほうがいいでしょう。

審査~融資までの流れ

事前に用意しておくもの

最初に、申し込みの際に必要となる書類を用意しておきましょう。
1)本人確認書類(次のうち、いずれか1通)
・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証
・マイナンバーカード
・日本政府発行のパスポート
・(外国籍の場合)在留カードまたは特別永住者証明書
2)所得証明書類(原則として、利用限度額が300万円超となる場合に必要)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書
これらの書類は、後述しますが、審査結果の回答を受け、ローンカードが発行されてから必要となります。
いつでも取り出せるように、事前にしっかり準備してください。

お申し込み

公式ホームページ上のお申し込みフォームに、必要事項を入力します。24時間、いつでも行うことができるので、自分の都合のいいときに行いましょう。
その後、登録したメールアドレスに確認用URLが送られてきます。送られてきたら、確認用URLをクリックし、受信確認を行います。
ここまでやって初めて、ローン審査が開始されます。
結果の回答は、早ければ当日中ですが、実際にはもっと日数がかかることが多いようです。また、土日を挟んだ場合、基本的に翌営業日までずれこみます。
余裕を持ってスケジュールを調整しましょう。

審査回答

ローン審査の結果は登録したメールアドレス宛に届きます。なお、メールアドレスを登録しない場合は、電話や書面での回答となります。
その後、希望する連絡先に電話がかかってきて、本人確認、申込内容の確認が行われ、並行して、勤務先への在籍確認も行われることも覚えておきましょう。なお、在籍確認は個人名で電話がかかってきます。オリックス銀行、という企業名は出さないので安心してください。

融資

審査回答まで完了したら、ローンカードが発行されます。自宅宛に郵送されてくるので、必ず受け取りましょう。
また、事前に準備した本人確認書類、所得証明書類を所定のURLにアップロードする必要があります。ここまで完了したら、初めて発行されたローンカードが使えるのです。
その後、会員専用サービス「メンバーズナビ」にログインし、振込融資の手続きを行います。
指定された口座に融資額が振り込まれ、提携ATMから引き出しを行うことができます。
なお、提携ATMを利用する際は、ローンカードを使ってください。
そうしないとカードローンの利用はできない、ということも併せて押さえておきましょう。

スペック詳細

金利

年3.0%~17.8%となっています。
審査により、借入コースが決まり、それに応じた借入利率が決定されます。
一番安い金額の100万円未満コースの場合、年12.0%~17.8%です。
また、一番高い金額の800万円コースの場合、年3.0%~4.8%です。

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 3.0%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下 3.5%~5.8%
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下 4.5%~8.8%
300万円コース 200万円超300万円以下 6.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下 6.0%~12.8%
150万円コース 100万円超150万円以下 9.0%~14.8%
100万円コース 100万円 9.0%~14.8%
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

もちろん、最初から高い借入コースで借りられる可能性は低いです。
他の銀行、消費者金融のカードローンと同じように、利用実績を積み重ねることでだんだんと上がっていくものであるということを覚えておいてください。

限度額

800万円までとなっています。

申込方法・審査時間

公式ホームページから24時間受け付けています。
他の金融機関のように、電話、店頭での受付などは行っていないので注意してください。
また、審査時間は、カードデスクの受付時間が平日の9時から18時までとなっています。
基本的にはこの時間内で事務が進むものと考えていいでしょう。

借入方法

次の2つがあります。
1)指定口座への振り込み(振込融資)
パソコン、携帯電話から専用サイト「メンバーズナビ」にログインし、所定の手続きを行うことで、指定した口座に融資金が振り込まれます。
また、この手続きは電話からも行うことができます。
ただし、銀行口座の種類によって、振り込みに対応してくれる時間が決まっています。
また、ジャパンネット銀行に口座を持っている場合、即時振込サービスを利用することができます。
いつでも即時に振り込みを受けることができるので、設定しておくと便利でしょう。
詳しいことは、公式ホームページ上で確認してください。
2)提携ATMの利用
審査完了時に発行されるローンカードを使えば、提携ATMから融資金を引き出すことができます。
利用限度額の範囲内で何度も繰り返し使えるので、振り込みを依頼している時間がないときに便利です。

返済方法・返済方式

まず、返済方法についてですが、次の2種類があります。
1)口座引落
指定した口座から返済額が毎月引き落とされます。
なお、この方法を使う場合に口座に指定できない銀行があることに注意してください。
また、利用にあたっては事前登録が必要となります。
2)振込返済
提携ATMからの入金、返済専用口座への入金により返済ができます。
なお、どちらの方法でも、随時返済にも対応しています。
お金に余裕があるときは、随時返済を心掛けるといいでしょう。

次に、返済方式についてですが、残高スライドリボルビング方式をとっています。
わかりやすく言えば、利用残高に応じた額を毎月返済していくということです。
借入残高が30万円以下の場合、毎月の約定返済金額は7,000円となっています。
返済計画が立てやすい金額かもしれません。
もちろん、借入残高が上がるごとに、約定返済金額が上がることにも注意してください。
無理のない返済を心掛けましょう。

借入残高 毎月のご返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

店舗数

オリックス銀行はいわゆる無店舗型の銀行ですので、
次の提携ATMが、借入、返済ともに終日無料で利用できます。
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・イーネットATM
・ローソンATM
・イオン銀行
これらのATMの数を合計すると、全国で約93,000台になるそうです。
つまり、無店舗型であるものの、サービスの窓口はたくさんにあることになります。
使い勝手という意味では全く問題ありません。

Q&A

やっぱり、カードローンを使っていることは、家族には内緒にしておきたいな。。


ご家族に内緒=ローンカードを見られたくない、という意味でしたら、オリックス銀行カードローンは少々厳しいかもしれません。
なぜなら、ローンカードの発行が基本となっていて、郵送で自宅に届くからです。
ただ、封筒に「ローンカード在中」とは書かれていません。オリックス銀行の社名が書かれているのみです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加