おまとめ

東京スター銀行おまとめローンのメリット・デメリット総まとめ

390view
2016.1.14 公開 | 2016.10.25 更新

複数のローンを一本化し、支払いをスリムにする「おまとめローン」。東京スター銀行の看板商品です。上手に使えば、とても効率的にローンを返していくことができます。

さまざまな金融機関でローンを組んでいて、毎月の支払いが面倒と思っている人にはぜひ導入を検討していただきたいと思います。手続きは簡単な上に、毎月「ここの支払いはどうしよう……」と頭を悩ますこともなくなるのです。

これって、素晴らしいことだと思いませんか?

そこで今回は、そんな東京スター銀行のおまとめローンについて徹底解説します。今までの疑問も、これを読めば氷解するはずです!

東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行 おまとめローンの特徴まとめ

東京スター銀行おまとめローンの特徴まとめです。

まずは公式サイト(3秒診断)で軽減金額を試してみてください。

  1. 金利は年間5.8%~14.8%となっています。
  2. 複数のローンを抱えている場合、返済を一つにできるのは大きなメリットです。
  3. また、基本的に東京スター銀行の店舗に赴く必要はありません。
  4. 保証人も要りません
  5. 申込資格は、「20歳から65歳未満であること」「給与所得があること」「前年度の年収が200万円以上であること」
  6. 収入証明書も必要となるので、申し込みの際はしっかり用意しておきましょう。

なお、東京スター銀行おまとめローンは公式サイトからWEBで申し込みできる他、電話や直接来店しての申し込みも可能です。
申し込みがあると、すぐに仮審査が開始され、結果が電話、郵送、メールのいずれかで届きます。
通過した場合は電話での連絡となり、本人確認があります。
その後、必要書類の提出、東京スター銀行の口座開設の手続きを行えば、融資に移ります。
以上を表にまとめると、次のようになります。

金利 5.8%~14.8%
借入限度額 30万~1,000万円
審査時間 申込方法によって異なる
融資スピード 口座開設のスピード次第
パート・アルバイト 不可
月々の返済 口座引き落とし、提携ATMを利用
保証人の有無 不要
在籍確認 あり

メリット

ずばり、おまとめローンができる

例えば、ある人が次のようにローンを借りていたとしましょう。
・A社:借入額80万円、利息10,000円(年15%)、元金6,667円
・B社:借入額70万円、利息10,500円(年18%)、元金5,833円
・C社:借入額50万円、利息7,083円(年17%)、元金4,167円
毎月の返済額は約44,250円になります。

これを東京スター銀行のおまとめローンを使ってまとめれば、毎月の返済額は利息24,667円、元金は16,700円になります。大きな金額の圧縮になるので、複数のローンを利用していて毎月の返済に苦心されている方は要チェックといえるでしょう。
なお、おまとめローンにすることでどれだけ金利の軽減ができるかは、公式ホームページのシミュレーションから簡易的にチェックすることができます。場合によってはおまとめローンにしないほうが得、ということもありうるので、まずは一度チェックしてみてください。

最大借入期間は10年

おまとめローンのメリットは金利の圧縮だけではありません。他にも次のようなメリットがあります。

・返済日を「おまとめ」
まず、いままで複数回あった返済日が東京スター銀行に対しての月1回だけになります。返済日も「おまとめ」して、管理がしやすくなるので、スケジュールが立てやすくなるのです。「返済日を乗り切って安心していたら、別の会社の返済日が明日だとすっかり忘れていた!」なんてことがなくなりますね。

・返済プランの充実
また、返済プランも充実しています。借入期間は最長10年となっているので、毎月「現実的に」返済できる金額を設定することが可能です。もちろん、早く返済して全体の返済金額を減らしたい場合にも対応しているので、柔軟に計画が立てられます。

デメリット

一方、東京スター銀行のおまとめローンのデメリットは何でしょうか。

融資まで時間がかかる

まず挙げたいのが、融資まで時間がかかるということです。一般的に、消費者金融は審査から融資まで時間がかからない場合がほとんどだと思います。
早い場合、審査を申し込んだその日に融資が受けられることも多いです。しかし、おまとめローンの場合、即日に融資が受けられない場合も多々あります。
そのため「とにかく今すぐ何とかしたい」という場合、正直おすすめできない商品であるのも確かです。
複数の返済を抱えていておまとめローンを利用したい場合、ある程度スケジュールに余裕を持って動くことを第一に考えましょう。

東京スター銀行の口座開設が必要

また、おまとめローンを利用する場合、東京スター銀行の口座を開設しなければいけません。
基本的には、東京スター銀行の口座を介してお金のやり取りをするからです。
そのため、東京スター銀行の口座を持っていない人がおまとめローンを利用するには、まず口座を開設するというステップを踏むことになります。
実際に口座開設されるまでの期間は手続きを進めることができないので、急ぎで検討されている方にとっては面倒に感じられるかもしれません。
ただ、口座開設自体はオンラインでもできるので、時間があるときにやるという形でも構わないでしょう。
先に書いたことと重複しますが、スケジュールに余裕を持って動くのが大事かもしれません。そして、本当に時間的な猶予がない、という場合であれば別の手段を検討された方がいいかもしれません。

審査は厳しい

おまとめローンは正社員、契約社員、派遣社員であることが最低条件となっています。この時点でややハードルが高いかもしれません。
また、公式に発表されているわけではありませんが、審査は厳しいといわれています。低金額の借り入れであっても、収入証明書の提出を求めていること、審査に時間がかかることなどから、そのように推測されているのでしょう。ローンをまとめることで支払う金利を下げるワケですから、東京スター銀行もリスクを回避しなければいけませんから当然と言えば当然のことですね。

審査~融資までの流れ

東京スター銀行のおまとめローンの審査から融資までの流れは、基本的に次のようになっています。

事前に用意しておくもの

おまとめローンの申し込みに当たっては、次の2種類の書類が必要となるので、事前に用意しておきましょう。
・本人確認書類
運転免許証、またはパスポートが必要となります。外国籍の場合、これに加えて在留カードまたは特別永住者証明書も必要となります。
また、場合によっては後日、住民票の写し及び健康保険証のコピーの提出が求められる場合もあります。
・前年度の収入が確認できる書類のコピー
源泉徴収票、ない方は確定申告書、住民税決定通知書、課税証明書のうちいずれか1点が必要になります。
前年度に中途入社もしくは入社1年未満場合は、直近3カ月分の給与明細、またお持ちの場合は賞与明細を添付しなければならないので、注意しましょう。
これらの書類に不備があると、審査に通らない原因ともなりえますので、十分に注意してください。
また、本籍地など審査に直接関係ない項目については、黒く塗りつぶすなどして対処しましょう。
個人情報保護の観点からも、そうすることを強くおすすめします。

お申し込み

まず、インターネットもしくは電話、直接来店で申し込みをします。
この段階で仮審査が始まりますので、連絡先が正確に記載されているかどうか、確認しながら申し込みを進めましょう。

審査回答

仮審査の結果は、メール・郵送・電話のいずれかで連絡が来ます。
仮審査を通過したときは、契約書類に記入を行い、必要書類を用意し、ポストに投函します。
その後、東京スター銀行より本人確認の電話があります。
それを受け、東京スター銀行に口座を開設していない場合は口座を開設し、キャッシュカードを受け取ります。

融資

口座開設まで完了したら、東京スター銀行から正式に融資ができるかどうかの連絡が入ります。
融資可能、との回答をもらったら、実際に融資を受けましょう。
注意事項としては、「基本的に即日回答、融資は難しい」ということです。
個々のケースによってかかる時間は異なりますが、すぐに結果を!と思った場合、厳しい状況になる可能性があります。
しかし、しっかりスケジュールに余裕を持って動けば、融資を受けられる可能性が高いのも事実です。事前準備を抜かりなく行うことを心がけましょう。

スペック詳細

金利

年率ベースで5.8~14.8%となっています。
金利に幅があるのは、個々の審査状況(信用情報のチェックなど)や、実際におまとめローンで借り入れする金額によって変わってきます。
自分にはどの金利が適用されるのかしっかりチェックしましょう。

限度額

借り入れの限度額は30万円から1,000万円となっています。具体的に金額がいくらになるかは、審査によって変わるためケースバイケースですが、借り換え対象ローンの残高の範囲内に限ります。
また、東京スター銀行おまとめローンでは、借り入れの限度額以外に30万~300万以下の範囲で「新たに追加の借り入れをできる金額=ご利用限度額(繰り返し利用可能額)」が設定されます。
この利用限度額がローンの残高を上回るようであれば、その差額の範囲内なら繰り返し追加で借り入れをすることができます。
例えば、利用限度額が200万円で、ローンの残高が100万円であれば、差額の100万円を東京スター銀行から借り入れることができるということです。
逆に利用限度額がローンの残高を下回る場合は新たに借り入れすることはできません。

申込方法・審査時間

インターネット、電話の両方で申し込みを受け付けています。直接店舗へ来店しての申し込みも可能です。
仮審査に関しては、比較的早い段階で回答が来ますが、本審査は本人確認書類等の到着を待つことになるので、若干時間がかかります。
審査時間は問い合わせダイヤルの対応時間である9時~21時に準じます。

借入方法

利用限度額がローン残高を上回っている場合、ローン残高と利用限度額の差額の範囲内で、インターネットバンキングを通じて繰り返し利用ができます。
ただし、インターネットバンキングを利用しない場合には、取引店舗の窓口で手続きをすることになります。
この場合、手続きをする時間帯によっては、口座への入金が翌営業日になる場合もあるので、注意しましょう。

返済方法・返済方式

東京スター銀行おまとめローンでは、元金同額返済方式をとっています。返済元金に1カ月間の利息を合わせた金額を毎月返済します。
東京スター銀行の普通預金口座から自動で引き落とすので、おまとめローンの申し込みに併せて、口座の開設が必須になります。
なお、入金は東京スター銀行、およびゆうちょ銀行のATMでキャッシュカードを利用して入金することが可能です。
また、約定返済以外にも、手数料無料の繰上返済で、インターネットバンキング等を利用して随時返済を行うのも可能なので、利便性は高いといえるでしょう。

Q&A

私は東京スター銀行の口座を持っていません。それでも、おまとめローンに申し込めますか?

残念ですが、申し込めません。おまとめローンは、東京スター銀行の口座を持っている人を対象に提供される商品であるためです。
ただし、申し込みと同時に口座開設の手続きを行えば、サービスは使えます。そのため、東京スター銀行の口座をお持ちでなく、おまとめローンの利用を希望される方は、同時に口座の開設が必須となります。
開設の手続きは、オンライン・店舗(来店)・郵送の3つの方法のいずれかで簡単に済ますことができます。
おまとめローンを検討した段階で口座を開設する手続きを行っておくと、その後の流れがスムーズになっていいかもしれません。

融資を申し込んだ場合、審査結果はどのように連絡が来ますか?

仮審査の結果はメール・郵送・電話、のいずれかで行われます。
仮審査結果は通過した場合は、基本的に電話です。逆に、通過できなかった場合はメールか郵送となります。
申し込む場合、電話番号、メールアドレス、住所は正確に書くよう心がけましょう。連絡が取れないと、申し込み自体が無効、ということもありうるので注意してください。
スケジュールにはくれぐれも余裕を持ちましょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加